トロン温泉で自然に発汗し夏バテを防ぐ

ohuro_natsubate_hakkan

長雨が続き気温差が激しい2017年の夏、皆さんは夏バテしていませんか?
夏バテを感じる多くの人は発汗に問題が起きていると言われています。
長い時間エアコンが効いた寒い場所にいたり、運動不足などで発汗がうまく行われず
体内に熱がこもってしまうことなどがあげらえます。

日本の文化の一つである入浴もアツさによりシャワーで済ましてしまうことも
一つの要因です。

体がだるく夏バテを感じるときこそ入浴が必要です。

トロン温泉は遠赤外線効果により通常の温泉温度よりも低く
体内の血液を温めるため、効率よく体に負担をかけることなく発汗を
促すことができます。
湯温設定が40℃~41℃でも十分な発汗を体験することができますので
是非ともこの夏にトロン温泉を体験してみてください。

トロン温泉導入施設はこちら

【温泉経営】集客・繁盛の施策-お客様に評価される準天然トロン温泉

温泉経営者はどこまで利用者の心を捉えているか?

トロン温泉(人工温泉)の集客

本物の温泉は、いったい何なのでしょうか。
大深度温泉が普及する一方で、利用者の本物志向に応えられる天然温泉がどこまであるのか問題化しています。

 古来から名湯として知られ、愛されてきた天然温泉は、日本の温泉文化を作り上げ、日本人の健康に大きく寄与してきました。
しかし、大都市で相次ぐ大深度温泉(1000m以上の深さから地下水を湧出させた温泉) の開発によって、日本の温泉文化の歴史は大きく変化し、揺らぎ、危惧する声さえ出ています。
大深度温泉はふるさと創生事業と重なる10数年前にスタートしました。
どこでも地下深く掘れば法定上の温泉は湧出し、「天然」と呼ばれる温泉は確かに身近になりました。
その一方で、温泉が本来持っていた大切な効能・効力は遠退き、有名無実なものになったと嘆く温泉愛好者が急増しています。

【天然温泉の質を歪める大深度温泉】
 大深度温泉の問題点を挙げると、温水の湧出量が少ないために水道水などを加水し、ボイラーで沸かした湯を循環利用するケースが多く見られます。
これでは、通常の水を沸かした湯と変わりません。
掘削を受注したボーリング業者は、大深度温泉の湯脈が100%有限であることも当然知っているはずです。
衛生管理が不十分な場合は、ジレオネラ属菌などによる感染症事故も招きます。
湧出する温泉と大深度温泉との違いを知らない消費者に対して、大深度温泉の経営者は誠実に対応しているのか疑問です。

【常温でも温泉といえるか?】
 事例を挙げると、まず水温の問題がある。
現行では法指定成分19種類の中の1種類が一定量以上含まれる場合、水温がたとえ10℃でも温泉と認定されています。
しかし、水温が常温の場合、利用段階で加温し、成分が変化するケースも多いのに、温泉と呼んでいいのでしょうか。
また既存温泉の枯渇や環境破壊の原因になる危険性も指摘され、温泉法の抜本改革が必要と見られています。

【準天然トロン温泉の時代】
 温泉が持つべきすべての要素を満たし、利用者の健康増進に十分答えられる温泉、それが準天然トロン温泉です。
正しい衛生管理を遵守できる経営者なら、一般的な天然温泉にも負けません。
利用者の心をしっかりと捉えることができる温泉であると各地で評判です。

【再評価される準天然トロン温泉】
 準天然トロン温泉が持つ効能・効果という実力、大深度温泉と比較して大幅に安いランニングコストを再評価する時代になりました。
天然温泉でさえ湯量が少ない場合は塩素殺菌を余儀なくされる今、「本当に効果がある湯」を求める利用者が急増しています。

人工温泉トロン温泉で地域を活性化し顧客を囲い込む

人工温泉で地域活性

ホテルや旅館を探す際に多くの方は「大浴場浴場」や「個室風呂」などとキーワードを
合わせて検索すると思います。

旅行を楽しむためには当然の選択で多くのホテル・旅館も浴場に力を入れています。

旅行は年に数回の特別な旅行という方がほとんどだと思います。

そのため、スーパー銭湯や健康ランドなど日常の中で癒しを求める傾向にあります。

日常の中に温泉を体験できることは利用者にとっては健康増進・リフレッシュだけではなく地元での
コミュニケーションの場としても利用することが出来ます。
運営者にとっても、温泉からは発信するコミュニケーションの場を提供するこは
地元の顧客を囲い込むことが売り上げと繋がります・
利用者にとっても運営者にとってもメリットが見込めます。

トロン温泉を導入している施設ですとフレッシュランド西多摩が地域を活性化させつつ顧客を
うまく囲い込んでいる施設です。
いまでは地元の住人は知らない人は知らない人はいないほど有名な温泉施設となっています。

日本人独特の文化である入浴は生活の中で切っても切れないものです。
人工温泉であるトロン温泉はあらゆる場所で設置することが出来ます。
10種の効能効果はリピーターを獲得する人工温泉です。

新規だけではなく既存物件の温浴施設のリニューアルなどにも対応できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

今年で31年目を迎えるトロン温泉

31

多くのお客様に支えられてトロン温泉は今年で31年目を迎えます。

厚生労働省より認可された医薬部外品 トロン浴素を利用したトロン温泉は
さらに40年・50年と、ご利用者に喜ばれることを目標に邁進してまいります!

日本夕陽百選の宿で入るトロン温泉【えりもの宿 田中旅館】

erimo_tanakarilyokan

トロン温泉は、厚生労働省に認可されている医薬部外品を使った人工温泉です。
北は北海道から南は九州まで各地で導入されご好評を頂いております。

えりも岬の近くにある、田中旅館は日本夕陽百選の宿に選ばれているほどのロケーションです。
トロン温泉に入りながら見る夕陽は格別な体験になることは間違いありません。
北海道には様々な観光地がありますが、えりも岬にある田中旅館まで足をのばしてみることを
お薦めします。

えりもの宿 田中旅館
ホームページ: http://www.erimonoyado.com/
所在地: 〒058-0204 北海道幌泉郡えりも町本町315−3
電話: 01466-2-2225

お風呂の壁面に取り付けるトロン浴素収納ケース

thoron-case

トロン温泉の素となるトロン浴素は循環系統のどこに設置するの?
という、お問い合わせを頂きます。

トロン温泉は、トロン浴素を浴槽内に設置することにより人工温泉トロン温泉として
厚生労働省から医薬部外品として認可されております。

トロン浴素収納ケースはステンレス製で厚みが11mmととても薄型です。
そのため、浴槽壁面にも簡単に違和感なく取り付けることが可能です。

全国にあるトロン温泉設置施設で是非ともご確認ください。

トロン温泉設置実績
http://thoron.jp/performance/

千葉で入浴できるトロン温泉の宿【旅館鈴木屋】

suzukiya-ryokan

100年以上の歴史のある旅館にもトロン温泉は導入されています。

千葉県は茂原市にある 旅館 鈴木屋 です。

千葉県で唯一トロン温泉を導入しているこの旅館は、レジャーや観光のお客様をはじめ、ビジネスでのご出張(長期滞在歓迎)、
野球やテニス等のスポーツ合宿、ゴルフ、ご家族連れのご旅行、海水浴などと様々なシーンでご利用言頂き好評を得ているようです。

千葉県に行った際には是非、ご宿泊してみてください。

トロン温泉くつろぎの宿  旅館 鈴木屋
http://e-szky.com/
〒297-0026 千葉県茂原市茂原133
TEL:0475-24-2151  FAX:0475-24-2152

京都でトロン温泉に入れる銭湯 【トロン温泉 稲荷】

トロン温泉稲荷

トロン温泉は、厚生労働省に認可されている医薬部外品を使った人工温泉です。
そのため、浴槽があればどんな場所でもトロン温泉をご利用することが出来ます。

京都にある銭湯 【トロン温泉稲荷】は導入より24年年経過した今なお繁盛している銭湯です。
現在では全国的に数が減ってきている銭湯ですが、【トロン温泉稲荷】は他の銭湯との差別化に成功し利用者からの
評判を得ています。

京都のお寺巡りに疲れた際には是非とも立ち寄ってみてください。
体の芯から温まりますよ。

トロン温泉 稲荷
所在地: 〒604-8801 京都府京都市 中京区三条町神泉苑西入下今新在家西4
電話: 075-841-6653

トロン温泉(人工温泉)の湯質

%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e6%b5%b4%e7%b4%a0_03

ご存知のとおり「天然温泉=優れた湯質」ではありません。
日本で熱々のお湯が湧き出ることはごく稀なので、40℃~42℃のお風呂にする為に、加水したりボイラーで沸かしている温泉施設がほとんどです。
加水したりボイラーで沸かすことによって、湧出した時の効能よりも水質は薄まっているのです。

【お客様が求める湯質】
お客様は「本当に体に効く湯質」を求めています。
日本全国で昔から人気がある温泉の多くは、確かな効能・効果がある湯質であり、実際にお客様は体にその効能・効果を感じています。
効能・効果がある温泉は、湯治の為に遠方からでも足繁く通うお客様がたくさんいるので、繁盛しています。
決して天然温泉だから繁盛しているのではありません。
「効能がある湯質」だから繁盛しているのです。

お客様は腰痛や神経痛、冷え症などの持病を治したい、あるいは疲れをきちんと取りたいと思って温泉に入るのです。
効能・効果が薄い温泉は、自ずとお客様の足は遠のいてしまうのは当然のことだと言えます。

【湯質はお客様を呼び込む切り札】
上記のとおり、お客様は温泉に確かな湯質を求めています。
効能がある湯質は口コミで評判になることは周知のとおりです。
湯質は目には見えないので後回しにしてしまいがちですが、実は温泉経営・旅館経営において最も優先すべきことだと言えます。
地元のお年寄りでも若いカップルでも、お客様が何を求めてお風呂がある施設に来るのか考えてみてください。

建物を現代風にリニューアルすることよりも、飲食店を併設して客単価を上げることよりも、最も優先すべきは「お風呂の湯質」です。
ゆっくりでも確実に広がる湯質に関する口コミは、施設が繁盛するキーとなるでしょう。
トロン温泉(人工温泉)の評判についてはコチラをご覧ください。

【トロン温泉の湯質は集客に定評あり】
弊社は27年の間で、行政・民間合わせて1,058件の旅館・ペンション・温泉施設に人工温泉のトロン温泉システムを導入してきました。
トロン温泉システムを導入された多くの施設様が、10数年経っても常連客の皆様で賑わっています。
近くに天然温泉がある地域でも、他施設と湯質の差別化を図る為に、トロン温泉を選んで成功した施設様もいらっしゃいます。

人工温泉「トロン温泉」は厚生労働省から【腰痛・神経痛・肩こり・うちみ・くじき・痔・水虫・冷え症・しもやけ・疲労回復】の効能・効能・効果が認められているので、湯質での集客効能・効果は抜群です。
天然温泉の掘削とは異なり、リスクがなく、安価で貴施設の湯質を「集客できる湯質」へと生まれ変えることができます。

女性・シニア向け低温サウナとは?

04_hakubaku_hasseimae 04_hakubaku_hasseimae 04_hakubaku_hasseimae
サウナは発汗を促すことにより高いデトックス効果があり、たっぷりの汗を
かくことで、有害物質や毒素を排出することができ健康維持・体質改善に
繋がります。
「トロン浴素」を利用したトロンサウナは50度という低温サウナでありながら、
約7分(個人差あり)で発汗することが可能で、心臓への負担を軽減させた
女性・シニア向きのサウナと言えます。
トロンサウナは遠赤外線の効果により血行が改善され、血液を直接温めます。
新たな毛細血管が生まれ、使われていなかった毛細血管が再生されます。
その結果、自然治癒力向上、血行障害の改善、冷え性改善、
副交感神経優位によるリラックス効果など組織や器官に良い影響を及ぼします。

これが高温サウナでは味わえない発汗と肌に負担を掛けない低温サウナ
トロンサウナです。