【温泉経営】集客・繁盛の施策-お客様に評価される準天然トロン温泉

【 トロン温泉】

温泉経営者はどこまで利用者の心を捉えているか?

トロン温泉(人工温泉)の集客

本物の温泉は、いったい何なのでしょうか。
大深度温泉が普及する一方で、利用者の本物志向に応えられる天然温泉がどこまであるのか問題化しています。

 古来から名湯として知られ、愛されてきた天然温泉は、日本の温泉文化を作り上げ、日本人の健康に大きく寄与してきました。
しかし、大都市で相次ぐ大深度温泉(1000m以上の深さから地下水を湧出させた温泉) の開発によって、日本の温泉文化の歴史は大きく変化し、揺らぎ、危惧する声さえ出ています。
大深度温泉はふるさと創生事業と重なる10数年前にスタートしました。
どこでも地下深く掘れば法定上の温泉は湧出し、「天然」と呼ばれる温泉は確かに身近になりました。
その一方で、温泉が本来持っていた大切な効能・効力は遠退き、有名無実なものになったと嘆く温泉愛好者が急増しています。

【天然温泉の質を歪める大深度温泉】
 大深度温泉の問題点を挙げると、温水の湧出量が少ないために水道水などを加水し、ボイラーで沸かした湯を循環利用するケースが多く見られます。
これでは、通常の水を沸かした湯と変わりません。
掘削を受注したボーリング業者は、大深度温泉の湯脈が100%有限であることも当然知っているはずです。
衛生管理が不十分な場合は、ジレオネラ属菌などによる感染症事故も招きます。
湧出する温泉と大深度温泉との違いを知らない消費者に対して、大深度温泉の経営者は誠実に対応しているのか疑問です。

【常温でも温泉といえるか?】
 事例を挙げると、まず水温の問題がある。
現行では法指定成分19種類の中の1種類が一定量以上含まれる場合、水温がたとえ10℃でも温泉と認定されています。
しかし、水温が常温の場合、利用段階で加温し、成分が変化するケースも多いのに、温泉と呼んでいいのでしょうか。
また既存温泉の枯渇や環境破壊の原因になる危険性も指摘され、温泉法の抜本改革が必要と見られています。

【準天然トロン温泉の時代】
 温泉が持つべきすべての要素を満たし、利用者の健康増進に十分答えられる温泉、それが準天然トロン温泉です。
正しい衛生管理を遵守できる経営者なら、一般的な天然温泉にも負けません。
利用者の心をしっかりと捉えることができる温泉であると各地で評判です。

【再評価される準天然トロン温泉】
 準天然トロン温泉が持つ効能・効果という実力、大深度温泉と比較して大幅に安いランニングコストを再評価する時代になりました。
天然温泉でさえ湯量が少ない場合は塩素殺菌を余儀なくされる今、「本当に効果がある湯」を求める利用者が急増しています。