水道水を人工温泉に変えることで集客力をあげる

ただの水道水が温泉に

人工温泉は薬事法に基づいて製造された医薬部外品を利用しているため、
水道水から人工温泉に変えることができまた、効能効果を得ることが出来ます。

それでは、人工温泉が天然温泉に勝る優位性は何なのでしょうか?

2004年に発覚した温泉偽装問題より旅行客は天然温泉の実態を知ることになりました。

天然温泉だと思われている温泉のほどんどは、
湧水量が少ないため加水したり、30度程度の湯温のため加温したりと私たちが天然温泉と考えている40度前後の
適温で湧水し続けている温泉は日本でも一握りしかありません。
そのため、環境省が認める温泉の定義は指定する成分が一定量以上含有されていれば温泉と認めています。
次に行く旅館やホテルに天然温泉があるようでしたら脱衣所に成分表があるはずなので一度見てみてください。

それに比べ、人工温泉トロン温泉は、薬事法にそった医薬部外品を利用しておりますので
天然温泉のように湧水量を気にすることなく常に一定の効能効果を利用者に体験して頂けることができます。

タイトルにもある通り、水道水を人工温泉にすることができるのです。

施設に温泉を導入したいけど掘削してまでは・・・・
温泉地ではないので掘削しても意味がない・・・・
などなど、天然温泉1択でお考えの方は是非とも、トロン温泉をもう1択の選択肢としてお考え下さい。

お問い合わせはこちらまで

人工温泉トロン温泉で地域を活性化し顧客を囲い込む

人工温泉で地域活性

ホテルや旅館を探す際に多くの方は「大浴場浴場」や「個室風呂」などとキーワードを
合わせて検索すると思います。

旅行を楽しむためには当然の選択で多くのホテル・旅館も浴場に力を入れています。

旅行は年に数回の特別な旅行という方がほとんどだと思います。

そのため、スーパー銭湯や健康ランドなど日常の中で癒しを求める傾向にあります。

日常の中に温泉を体験できることは利用者にとっては健康増進・リフレッシュだけではなく地元での
コミュニケーションの場としても利用することが出来ます。
運営者にとっても、温泉からは発信するコミュニケーションの場を提供するこは
地元の顧客を囲い込むことが売り上げと繋がります・
利用者にとっても運営者にとってもメリットが見込めます。

トロン温泉を導入している施設ですとフレッシュランド西多摩が地域を活性化させつつ顧客を
うまく囲い込んでいる施設です。
いまでは地元の住人は知らない人は知らない人はいないほど有名な温泉施設となっています。

日本人独特の文化である入浴は生活の中で切っても切れないものです。
人工温泉であるトロン温泉はあらゆる場所で設置することが出来ます。
10種の効能効果はリピーターを獲得する人工温泉です。

新規だけではなく既存物件の温浴施設のリニューアルなどにも対応できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

人工温泉とは

zinkou-onsen
人工温泉とは、厚生労働省で認められた医薬部外品を使った温泉の事をいいます。
効能効果をあらゆる宣伝広告で表示することが出来るのが大きな特徴です。

トロン温泉(人工温泉)の場合には

冷え性・疲労回復・水虫・神経痛・腰痛・肩こり
・しもやけ・くじき・うちみ・痔疾

に効能効果があります。
これは、厚生労働省より認可され、薬事法にそって作成された医薬部外品

【 トロン浴素 】

を利用しているからです。

人工温泉という響きで敬遠してしまうかたもいらっしゃいますが、
加水・加温をして天然温泉と宣伝している温泉に比べたら
確実に効能効果を感じることが出来るのが大きな特徴です。

安物の傷の入った天然ダイヤモンドよりも、
手間と技術を要した人工ダイヤモンドであるスワロフスキーの方が
綺麗で高級ですよね。

人工温泉と天然温泉でも同じことが言えます。

温泉で効能効果を感じたいならば
何が入っているかわからない天然温泉よりも
厚生労働省が認めている人工温泉をお薦めします。

今年で31年目を迎えるトロン温泉

31

多くのお客様に支えられてトロン温泉は今年で31年目を迎えます。

厚生労働省より認可された医薬部外品 トロン浴素を利用したトロン温泉は
さらに40年・50年と、ご利用者に喜ばれることを目標に邁進してまいります!

天然温泉と人工温泉の違い 

%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e6%b5%b4%e7%b4%a0_03
天然温泉は環境省が管理しており、温泉法に基づいて基準を満たしたものを天然温泉として認められています。
昭和23年に制定された「温泉法」により、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガスで、摂氏25度以上又は指定されている19の物質が規定値を超えて有するものと定義されています。

近年、温泉への着色剤の使用や過剰な加水・加温などの問題が発覚しています。
これにより2005年より温泉法施行規則が一部改正され泉成分・源泉・泉質・引湯・給排湯方式・加湯・新湯注入率などを明確に表示することが義務化されており、良い天然温泉・悪い天然温泉が
はっきりとわかる状態となっています。
天然資源である天然温泉は地殻変動・天災に対して影響を受ける為、安定した温泉の供給が難しい点があります。

人工温泉の多くは厚生労働省より認可された医薬部外品を利用した温泉をさします。
薬事法に則った製造方法と決められた使用方法での利用により、効能効果があると認められています。
現在では厚生労働省に認証されていない人工温泉も見受けれますのでご注意ください。
医薬部外品は医薬品ではないため、特に禁忌症もなく製造販売元の指示に従った使用をすれば効能効果が得られるため、人工温泉運営者は安心して運営を行えます。
また、利用者も薬事法に沿った商品で、加湯・加温・循環を行っても安定した効能効果が得られる為、安心してご利用いただけます。

トロン温泉は厚生労働省より認可された医薬部外品の人工温泉に該当します。

スポーツ施設や老人ホームなどはメンテナンスがしやすく確実に効能効果を
感じることが出来るトロン温泉はまさにぴったりの人工温泉です。

トロン温泉ホームページ
http://thoron.jp/

厚生労働省が認めている効能効果

iyakubugaihin_thoornonsen1

トロン温泉は医薬部外品なのですが?医薬品ですか?という問い合わせを良くいただきます。
医薬部外品と医薬品の違いはこちらとなります。

医薬品について
医薬品は配合されている有効成分の効果が確実に認められている、予防や治療を目的とした“薬”です。このため、用量・用法・使用上の注意の規制が細かく、明示する必要がでてきます。
また、製造・販売には、薬剤師、もしくは知事が認めた資格者を有していなければなりません。 購入者が転売を行なう際にも薬剤師等の存在が必要となってしまいます。

医薬部外品について
医薬部外品の場合、製造販売者に薬剤師の存在は必要ですが、 転売については自由です。 (医薬品が薬局の販売に対して、医薬部外品はコンビニなどでの販売が可能な事と同意)
医薬部外品は、医薬品と同様に用法・用量の規定については厳しいのですが、 医薬品の“予防や治療を目的としたもの”とは違い、効能・効果、症例をもとに“効果が期待できる範囲のもの”として認可を受けていることが、 医薬品と異なる点です。

トロン温泉は医薬部外品となります。

【トロン温泉(人工)】
医薬部外品 トロン浴素の効能・効果
承認番号 37D第236号(現 13700DZZ00236000号)
●腰痛  ●神経痛  ●肩こり  ●うちみ   ●くじき
●痔疾  ●水虫  ●冷え性  ●しもやけ  ●疲労回復
トロン温泉ホームページ
http://thoron.jp/

thoron