遠赤外線とトロン温泉の関係

トロン温泉10種の効能効果

遠赤外線のメカニズムとトロン温泉がどのように効果を得られるかを説明します。

皮下2mmにある血液を直接温める
遠赤外線のエネルギーは、対象物の表面から
約200μm(2mm)の深さまで届きます。
この2mmがとても重要です。
通常の水道水のお風呂では、皮膚だけを温め血液を温めるのには
長い時間がかかります。
また、安定して血液を温めることができないため、
すぐに湯冷めしてしまうのです。

それに比べ、トロン浴素から放出されている遠赤外線は、皮膚から2mmの深さまで安定してエネルギーを届けることができる為、常に血液を温めることができます。
温められた血液は、まだ温まっていない血液との対流伝熱※により温められた血液が血流にのり体中を温めることができます。血液を直接温める為、体の芯まで効率よく素早く温めることができます。
ensekigaisen

 

遠赤外線による血流改善
遠赤外線は前後左右縦横に影響を与える為、浴槽のどこにいてもトロン浴素の効果を得ることができます。
その為、伝熱の効率が良く短時間で体を温めることができます。
これにより、血流・血行が良くなり血流量が増加し新たな毛細血管が生まれ、使われていなかった毛細血管が再生されます。血流が改善されることにより体に対して多くの良い効果が見られます。

ketsueki_atatame
 

グラフの見方
2本の曲線のうち、「黒体」と表示している上部緑色の曲線は、黒体(入射する光を100%吸収し、エネルギー放射能力が最大の物体)の放射エネルギーを示すもので、これよりも大きい放射能力を示すものはありません。赤色の曲線はトロン浴素の放射エネルギーを示し、この赤色の曲線と緑色の曲線が近ければ近いほど遠赤外線の放射能力が高いことを示しています。
グラフによりわかることは、トロン浴素は遠赤外線をただ放射しているだけではなく、黒体に近い数値で放射していることがわかります。
この結果、トロン温泉は皮膚表面を温めているのではなく、血液を直接温め、体内を芯から温めることができるということが証明されています。

enseki_graph

対流伝熱とは
液体や気体は、下から加熱されると温まった部分が膨張して
密度が低くなり上昇し、冷たい上の部分が下降します。
この作用が繰り返し行われ、全体が温度上昇します。
このように、液体や気体が移動することで熱を伝える方法を対流伝熱といいます。

スポルティック2016に出展いたします

スポルティック2016の展示会では弊社スタッフがトロン温泉について詳しくご説明いたしますので是非ともお越しくださいませ。

8月2日~4日に東京ビックサイトで行われる展示会 スポルティックに参加します。
SPORTEC2016
【会 期】2016年8月2日(火)・3日(水)・4日(木)
【会 場】東京ビッグサイト
【場 所】5H-1541

皆様のお越しをお待ちいたしております。

トロン温泉ホームページ
http://thoron.jp/

女性を満足させるトロンサウナ

女性向け低温サウナ-トロンサウナ

トロンサウナは50度で発汗する低温サウナシステムです。
体温に近い温度で体への負担も少ないため、女性などのサウナ初心者でも気軽に入ることができます。
また、温度が低いためゆっくりと汗を出すことができ、汗腺の機能を活性化させるのが、美肌効果に繋がります。
さらに、皮脂腺も活性化されるため、毛穴の奥深くに詰まった汚れや古い皮脂も
落ちやすくなり、
ニキビの改善や健康的な肌を手に入れることが期待できます。
健康維持という点だけではなく、美容の点からも女性ユーザーを満足させるの
がトロンサウナです。

スポルティック2016の展示会では弊社スタッフがトロンサウナ詳しく
ご説明いたしますので是非ともお越しくださいませ。

8月2日~4日に東京ビックサイトで行われる展示会 スポルティックに参加します。
SPORTEC2016
【会 期】2016年8月2日(火)・3日(水)・4日(木)
【会 場】東京ビッグサイト
【場 所】5H-1541

皆様のお越しをお待ちいたしております。

トロン温泉ホームページ
http://thoron.jp/

低温度サウナ「トロンサウナ」は低コストの未来型サウナ

サウナには蒸気を利用した湿式と温度だけを利用する乾式があります。
高温蒸気を得る方法には、電気式サウナ炉と遠赤外線ヒーターを使用したものがあります。
遠赤外線は室内50~60℃で発汗を促進します。

thoronsauna2

高温サウナは循環器系に悪影響を及ぼします。
100℃を超す高温サウナが極めて健康に悪いことが第10回国際サウナ会議で正式に発表されました。
特に「15℃前後の水風呂との併用が心臓や肺に多大な負担を与える」と誰もが感じていたことが、同会議で医学的も指摘されました。
これからの高齢化時代に、高温サウナハ必要とされないとまで言われています。

しかし、雲合不足になりがち現代社会では、強制発汗によって体内の老廃物を排出し、新陳代謝を促すことは、きわめて有効な健康であることは間違いありません。
「室内温度が体温に近く、発汗が可能なサウナがあれば・・・」という要望に応える為に登場したのが、「トロンサウナ」です。

室温わずか50℃。
心臓や肺への負担は一切心配ありません。
高齢者から女性、子どもまで年齢や性別を問わずサウナの効用を体験できることが特徴です。
高温サウナでも発汗までに10分は必要とされていますが、トロンサウナは入室後7分前後で大量に発汗します。

さらにランニングコストは高温サウナの5分の2になることも特徴です。
トロンサウナは、サウナ室全面を大きなガラス面に設計し、解放感も味わうことができる。
これはトロンサウナが消防法で規定するサウナに当てはまらないためにできる技術です。
様々な規制の枠に該当しない為、設計・施工、管理運営が楽にできます。

この機会にトロンサウナをご検討ください。