水道水を人工温泉に変えることで集客力をあげる

【 トロン温泉】

ただの水道水が温泉に

人工温泉は薬事法に基づいて製造された医薬部外品を利用しているため、
水道水から人工温泉に変えることができまた、効能効果を得ることが出来ます。

それでは、人工温泉が天然温泉に勝る優位性は何なのでしょうか?

2004年に発覚した温泉偽装問題より旅行客は天然温泉の実態を知ることになりました。

天然温泉だと思われている温泉のほどんどは、
湧水量が少ないため加水したり、30度程度の湯温のため加温したりと私たちが天然温泉と考えている40度前後の
適温で湧水し続けている温泉は日本でも一握りしかありません。
そのため、環境省が認める温泉の定義は指定する成分が一定量以上含有されていれば温泉と認めています。
次に行く旅館やホテルに天然温泉があるようでしたら脱衣所に成分表があるはずなので一度見てみてください。

それに比べ、人工温泉トロン温泉は、薬事法にそった医薬部外品を利用しておりますので
天然温泉のように湧水量を気にすることなく常に一定の効能効果を利用者に体験して頂けることができます。

タイトルにもある通り、水道水を人工温泉にすることができるのです。

施設に温泉を導入したいけど掘削してまでは・・・・
温泉地ではないので掘削しても意味がない・・・・
などなど、天然温泉1択でお考えの方は是非とも、トロン温泉をもう1択の選択肢としてお考え下さい。

お問い合わせはこちらまで