大阪小栗の湯-トロンで繁盛する公衆浴場

公衆浴場を活性化させる方法はあるか?

トロン温泉-小栗の湯

【銭湯も湯質にこだわる時代 トロン温泉が銭湯の常識を変える】

 体を洗う場所からくつろぎの場へ、沸かし湯から薬効の湯へ、そして清潔管理から健康増進へ・・・。
準天然トロン温泉を採用した銭湯が超人気です。
効能効果がある湯は、銭湯の常識を覆す勢いです。

 大阪府和泉市が委託管理者制度を採用して建設した銭湯「小栗の湯」は、オープン以降盛況で銭湯としては異例の事態だと言えます。
営業時間は午後4時から夜11時まで1日7時間ですが、多い日で800人、平均で700人近い利用客があるそうです。

【衰退する公衆浴場】
 公衆浴場、いわゆる銭湯はピーク時の1968年に全国17,700か所で営業されていました。
しかし家庭風呂の普及・充実に伴って、減少し、2004年は3分の1の約5,800か所に激減しました。
その原因は、「公共料金」政策に甘んじ、湯そのものの魅力作りの努力を怠ったからではないでしょうか。

いまでも銭湯は、地域住民にとって重要なコミュニティ施設であるが、残念ながら銭湯経営者は時代ニーズの変化に追いつけない状況にあります。

【入浴を楽しんで欲しい】
 「小栗の湯」の最大の目的は、天然温泉を凌ぐ優れた湯をつくり、湯を楽しんでもらうことにありました。
そのために準天然トロン温泉(トロンサウナ)が選ばれました。
その効果が、銭湯の常識を変えようとしています。
浴場の場合、どんな浴場でもオープン当初は、真新しさや珍しさで利用者は多くなる傾向があります。

しかし、ほぼ1か月以内に利用者は減少してしまう施設も多いです。
それは湯に魅力がなく飽きられるからという理由があります。
銭湯の意義が、単に衛生的にするためだった時代と比べ、スーパー銭湯や大型スパ、日帰り温泉が台頭する中で、身近な銭湯にさえ「くつろぎの湯」の場を求める利用者が増えました。
何の効果もない、単なる沸かし湯では、経営が成り立たなくなるのも無理もありません。

【銭湯も湯にこだわる時代】
 これからの銭湯経営で大切なことは、入浴の原点に戻り「湯にこだわること」ではないでしょうか。
それは湯質と効果の高い湯を利用者に提供することに尽きます。
外観がどんなに素晴らしくても、肝心の湯が単なる沸かし湯では人を心から楽しませることは難しいです。
感動する湯を作ることから、銭湯が生き残る道が開けてゆきます。

 「小栗の湯」利用者の声を拾ってみると、「湯質がやわらかく、肌触りが最高の湯」「2時間位は背中がホカホカで、温まり方がまったく違う」「トロンサウナが一番です。50℃であれ程の汗が出るとは思わなかった」「体の痛みが取れ、本当にびっくりです」――利用者は優れた湯質と効果に驚き、満足しています。
(2014年現在はトロンサウナのみ稼働)

常連客が増えてきたこれからが、トロン温泉の本領発揮といえます。

低温度サウナ「トロンサウナ」は低コストの未来型サウナ

サウナには蒸気を利用した湿式と温度だけを利用する乾式があります。
高温蒸気を得る方法には、電気式サウナ炉と遠赤外線ヒーターを使用したものがあります。
遠赤外線は室内50~60℃で発汗を促進します。

thoronsauna2

高温サウナは循環器系に悪影響を及ぼします。
100℃を超す高温サウナが極めて健康に悪いことが第10回国際サウナ会議で正式に発表されました。
特に「15℃前後の水風呂との併用が心臓や肺に多大な負担を与える」と誰もが感じていたことが、同会議で医学的も指摘されました。
これからの高齢化時代に、高温サウナハ必要とされないとまで言われています。

しかし、雲合不足になりがち現代社会では、強制発汗によって体内の老廃物を排出し、新陳代謝を促すことは、きわめて有効な健康であることは間違いありません。
「室内温度が体温に近く、発汗が可能なサウナがあれば・・・」という要望に応える為に登場したのが、「トロンサウナ」です。

室温わずか50℃。
心臓や肺への負担は一切心配ありません。
高齢者から女性、子どもまで年齢や性別を問わずサウナの効用を体験できることが特徴です。
高温サウナでも発汗までに10分は必要とされていますが、トロンサウナは入室後7分前後で大量に発汗します。

さらにランニングコストは高温サウナの5分の2になることも特徴です。
トロンサウナは、サウナ室全面を大きなガラス面に設計し、解放感も味わうことができる。
これはトロンサウナが消防法で規定するサウナに当てはまらないためにできる技術です。
様々な規制の枠に該当しない為、設計・施工、管理運営が楽にできます。

この機会にトロンサウナをご検討ください。

繁盛する浴場の設計と予想利用者数

村おこし・町おこしの柱として、トロン温泉が注目されている理由として設計条件に規制がなく、あらゆる状況に対応できるメリットが挙げられます。
天然温泉の場合、無作為に掘るわけにはいかず、温泉の設置場所は限定されます。

thorononsen5

道路がない場所に温泉が出た場合には、道路の付設に莫大な費用がかかる。
反面、トロン温泉の場合は温泉の設置場所を自由に選択できます。

また設計上の問題もありません。
浴槽の大きさ、形状も自由です。
露店風呂タイプも設計可能です。

トロン温泉は岩風呂、檜風呂、ジェット噴流や気泡浴などの実績があります。
施設の営業目的や利用者の年齢などのニーズに合わせたあらゆる設計が可能です。

浴室の雰囲気や使い勝手を決める設計・デザインは利用者の満足度を大きく左右します。
【他の地域からの入り込む流動人口が増える】【周辺地域から関心を集める】
そのような魅力的な施設を造ることが温泉施設経営において命題です。

弊社が試算した浴槽サイズの目安は、基本的には水量1トンに対して2~2・5人が使用できる容量となります。
しかし実際には1トン当たり1・5人が適当だと考えます。
例えば、10トンの浴槽には20~25人が1度に入浴できます。
1日8時間営業の場合、予定利用者が200人なら1時間当たり25人となります。

「温泉は体を洗う施設」と考えれば考えるほど、リラクゼーションから遠ざかります。
設計に関しては男女の浴場を造った場合、一方を純日本風の岩風呂や桧風呂に造り、もう一方を西洋風の近代的な風呂にするのも繁盛のポイントです。
別々のテーマの浴場を日替わりで入れ替えたり、入浴の雰囲気を変えることで利用者に楽しんでもらう工夫も大切ですね。