トロン温泉(人工温泉)の湯質

thoron

ご存知のとおり「天然温泉=優れた湯質」ではありません。
日本で熱々のお湯が湧き出ることはごく稀なので、40℃~42℃のお風呂にする為に、加水したりボイラーで沸かしている温泉施設がほとんどです。
加水したりボイラーで沸かすことによって、湧出した時の効能よりも水質は薄まっているのです。

【お客様が求める湯質】
お客様は「本当に体に効く湯質」を求めています。
日本全国で昔から人気がある温泉の多くは、確かな効能・効果がある湯質であり、実際にお客様は体にその効能・効果を感じています。
効能・効果がある温泉は、湯治の為に遠方からでも足繁く通うお客様がたくさんいるので、繁盛しています。
決して天然温泉だから繁盛しているのではありません。
「効能がある湯質」だから繁盛しているのです。

お客様は腰痛や神経痛、冷え症などの持病を治したい、あるいは疲れをきちんと取りたいと思って温泉に入るのです。
効能・効果が薄い温泉は、自ずとお客様の足は遠のいてしまうのは当然のことだと言えます。

【湯質はお客様を呼び込む切り札】
上記のとおり、お客様は温泉に確かな湯質を求めています。
効能がある湯質は口コミで評判になることは周知のとおりです。
湯質は目には見えないので後回しにしてしまいがちですが、実は温泉経営・旅館経営において最も優先すべきことだと言えます。
地元のお年寄りでも若いカップルでも、お客様が何を求めてお風呂がある施設に来るのか考えてみてください。

建物を現代風にリニューアルすることよりも、飲食店を併設して客単価を上げることよりも、最も優先すべきは「お風呂の湯質」です。
ゆっくりでも確実に広がる湯質に関する口コミは、施設が繁盛するキーとなるでしょう。
トロン温泉(人工温泉)の評判についてはコチラをご覧ください。

【トロン温泉の湯質は集客に定評あり】
弊社は27年の間で、行政・民間合わせて1,058件の旅館・ペンション・温泉施設に人工温泉のトロン温泉システムを導入してきました。
トロン温泉システムを導入された多くの施設様が、10数年経っても常連客の皆様で賑わっています。
近くに天然温泉がある地域でも、他施設と湯質の差別化を図る為に、トロン温泉を選んで成功した施設様もいらっしゃいます。

人工温泉「トロン温泉」は厚生労働省から【腰痛・神経痛・肩こり・うちみ・くじき・痔・水虫・冷え症・しもやけ・疲労回復】の効能・効能・効果が認められているので、湯質での集客効能・効果は抜群です。
天然温泉の掘削とは異なり、リスクがなく、安価で貴施設の湯質を「集客できる湯質」へと生まれ変えることができます。

無駄をなくそう!温浴施設のランニングコストとメンテナンス費用

【見逃すなランニングコストやメンテナンス費用】
 施設の運営で見逃がされがちな点が、稼働経費や施設設備の修繕費です。
特に公共施設の利用者負担額は少ないため、運営経費が割安な施設ほど自治体向きといえる。
ランニングコストが安く、メンテナンスしやすいトロン温泉は、自治体のための施設といえる。

トロン温泉のランニングコスト

【管理運営費の安さもトロン温泉の魅力】
 天然温泉に勝る湯質と効果で大評判の準天然トロン温泉が、さらにランニングコスト面とメンテナンスの面で、素晴らしい評価を受けています。
自治体が管理運営する施設の場合、どうしても導入後のランニングコスト等には無関心の担当者が多く、現状の財政難を知って初めて、その後の経費の大切さを実感するというケースも多いようです。

 公共施設の場合、施設使用料等を高額にする例は少ないです。
そうなると当然収入が限られた中で、いかに運営するかが課題となります。
トロン温泉がいかに優れた効力を持っていても、ランニングコストが高額では、自治体施設向きとはいえません。

【トロン温泉のランニングコストは通常温泉の約3分の1】
 トロン温泉は、通常の水道水を使用します。
オゾンを利用した強力な濾過、殺菌処理システムを導入しているため水の取り換えは少なくて済みます。
ちなみに、通常の塩素殺菌の砂濾過式のシステムに比べ、水の使用量は、約3分の1近く少なくなります。
加熱のための燃料費は2.5分の1に削減することができます。
トータルで2.8分の1というランニングコストの差になります。

 メンテナンスも簡単で、女性でもできます。
天然温泉の運営では、一般的に沸かし湯と追加水が使用されるため、コスト差は十倍以上になるケースが多い。
温泉は出たけれど、実際に使用されないケースの大半は、このランニングコストや、メンテナンス費用を確保できないことが理由になることが多いです。
例えば、年間二千五百万円もの経費が必要だとしたら、人口三万人以下の地方自治体はお手上げの状態となってしまいます。

 ふるさと創生資金の一億円が有効に使用されず、失敗例が多かったと新聞紙上でも公表されたことがあります。
特に、温泉開発に使われた事業での成功率が低かったというケースも多く見られました。
安易に、温泉さえ出たら何とかなるとの考えで掘削しても、実際には使用可能な温泉が出ないケースが多かったようです。
確実に予算内で、保証付きの温泉が手に入るトロン温泉こそ、失敗しない施設づくりのチャンピオンだと自負しています。

【自治体に不向きなコスト高施設】
 前記したように、これからはコストがかかる施設は行政に向きません。
確実に収益が計算できる、魅力ある施設を造らなければ、必ず住民から批判が出ます。
格好良さや他の施設の物真似をした中身のない施設造りではなく、住民が心から望む施設づくりこそ、これからの自治体が選択する道だと言えます。

【重要な導入機器の内容確認】
 一方、自治体担当者の不勉強のせいで、コストのかかる濾過システムを導入している入浴施設もあります。
その多くの場合、施設業者は担当者に機器の価格だけを見せ、担当者も内容を確認せずに導入しています。
大切なランニングコストについては、業者に提出を求めない場合もあるようです。
少なくとも自治体担当者は、機器の内容について勉強するべきです。
業者任せにしていると、毎年百万円以上のランニングコストを無駄に使うことになるからです。

★ワンポイントアドバイス★
【住民との対話から施設づくりを発案】

お役所仕事的な発想では、良い施設は造れないケースが見られます。
利用率の少ない、評判の悪い施設の大半は、自治体が一方的に建てたものが多いことは周知の通りです。
何より、住民の生の声を聞き、その上で行政側の考えとのすり合わせを行い、住民が何を考え、どうして欲しいのかを理解することから、施設建設の構想に入るべきではないでしょうか。

この当たり前のこと、するべきことをせずにスタートする施設の成功率は、極めて低いと言えます。