無駄をなくそう!温浴施設のランニングコストとメンテナンス費用

【見逃すなランニングコストやメンテナンス費用】
 施設の運営で見逃がされがちな点が、稼働経費や施設設備の修繕費です。
特に公共施設の利用者負担額は少ないため、運営経費が割安な施設ほど自治体向きといえる。
ランニングコストが安く、メンテナンスしやすいトロン温泉は、自治体のための施設といえる。

トロン温泉のランニングコスト

【管理運営費の安さもトロン温泉の魅力】
 天然温泉に勝る湯質と効果で大評判の準天然トロン温泉が、さらにランニングコスト面とメンテナンスの面で、素晴らしい評価を受けています。
自治体が管理運営する施設の場合、どうしても導入後のランニングコスト等には無関心の担当者が多く、現状の財政難を知って初めて、その後の経費の大切さを実感するというケースも多いようです。

 公共施設の場合、施設使用料等を高額にする例は少ないです。
そうなると当然収入が限られた中で、いかに運営するかが課題となります。
トロン温泉がいかに優れた効力を持っていても、ランニングコストが高額では、自治体施設向きとはいえません。

【トロン温泉のランニングコストは通常温泉の約3分の1】
 トロン温泉は、通常の水道水を使用します。
オゾンを利用した強力な濾過、殺菌処理システムを導入しているため水の取り換えは少なくて済みます。
ちなみに、通常の塩素殺菌の砂濾過式のシステムに比べ、水の使用量は、約3分の1近く少なくなります。
加熱のための燃料費は2.5分の1に削減することができます。
トータルで2.8分の1というランニングコストの差になります。

 メンテナンスも簡単で、女性でもできます。
天然温泉の運営では、一般的に沸かし湯と追加水が使用されるため、コスト差は十倍以上になるケースが多い。
温泉は出たけれど、実際に使用されないケースの大半は、このランニングコストや、メンテナンス費用を確保できないことが理由になることが多いです。
例えば、年間二千五百万円もの経費が必要だとしたら、人口三万人以下の地方自治体はお手上げの状態となってしまいます。

 ふるさと創生資金の一億円が有効に使用されず、失敗例が多かったと新聞紙上でも公表されたことがあります。
特に、温泉開発に使われた事業での成功率が低かったというケースも多く見られました。
安易に、温泉さえ出たら何とかなるとの考えで掘削しても、実際には使用可能な温泉が出ないケースが多かったようです。
確実に予算内で、保証付きの温泉が手に入るトロン温泉こそ、失敗しない施設づくりのチャンピオンだと自負しています。

【自治体に不向きなコスト高施設】
 前記したように、これからはコストがかかる施設は行政に向きません。
確実に収益が計算できる、魅力ある施設を造らなければ、必ず住民から批判が出ます。
格好良さや他の施設の物真似をした中身のない施設造りではなく、住民が心から望む施設づくりこそ、これからの自治体が選択する道だと言えます。

【重要な導入機器の内容確認】
 一方、自治体担当者の不勉強のせいで、コストのかかる濾過システムを導入している入浴施設もあります。
その多くの場合、施設業者は担当者に機器の価格だけを見せ、担当者も内容を確認せずに導入しています。
大切なランニングコストについては、業者に提出を求めない場合もあるようです。
少なくとも自治体担当者は、機器の内容について勉強するべきです。
業者任せにしていると、毎年百万円以上のランニングコストを無駄に使うことになるからです。

★ワンポイントアドバイス★
【住民との対話から施設づくりを発案】

お役所仕事的な発想では、良い施設は造れないケースが見られます。
利用率の少ない、評判の悪い施設の大半は、自治体が一方的に建てたものが多いことは周知の通りです。
何より、住民の生の声を聞き、その上で行政側の考えとのすり合わせを行い、住民が何を考え、どうして欲しいのかを理解することから、施設建設の構想に入るべきではないでしょうか。

この当たり前のこと、するべきことをせずにスタートする施設の成功率は、極めて低いと言えます。

繁盛する浴場の設計と予想利用者数

村おこし・町おこしの柱として、トロン温泉が注目されている理由として設計条件に規制がなく、あらゆる状況に対応できるメリットが挙げられます。
天然温泉の場合、無作為に掘るわけにはいかず、温泉の設置場所は限定されます。

thorononsen5

道路がない場所に温泉が出た場合には、道路の付設に莫大な費用がかかる。
反面、トロン温泉の場合は温泉の設置場所を自由に選択できます。

また設計上の問題もありません。
浴槽の大きさ、形状も自由です。
露店風呂タイプも設計可能です。

トロン温泉は岩風呂、檜風呂、ジェット噴流や気泡浴などの実績があります。
施設の営業目的や利用者の年齢などのニーズに合わせたあらゆる設計が可能です。

浴室の雰囲気や使い勝手を決める設計・デザインは利用者の満足度を大きく左右します。
【他の地域からの入り込む流動人口が増える】【周辺地域から関心を集める】
そのような魅力的な施設を造ることが温泉施設経営において命題です。

弊社が試算した浴槽サイズの目安は、基本的には水量1トンに対して2~2・5人が使用できる容量となります。
しかし実際には1トン当たり1・5人が適当だと考えます。
例えば、10トンの浴槽には20~25人が1度に入浴できます。
1日8時間営業の場合、予定利用者が200人なら1時間当たり25人となります。

「温泉は体を洗う施設」と考えれば考えるほど、リラクゼーションから遠ざかります。
設計に関しては男女の浴場を造った場合、一方を純日本風の岩風呂や桧風呂に造り、もう一方を西洋風の近代的な風呂にするのも繁盛のポイントです。
別々のテーマの浴場を日替わりで入れ替えたり、入浴の雰囲気を変えることで利用者に楽しんでもらう工夫も大切ですね。

トロン温泉は地域活性の目玉事業に最適

お年寄りが幸せだと感じる時はいつでしょうか。
第一に美味しい食事を食べた時が挙げられるでしょう。
次に挙げられるのが、「体に良い温泉にゆっくり入った時」です。

トロン温泉(人工温泉)

高齢化が進む日本において街おこしの為に温泉事業を行う自治体が増えています。
お年寄りに喜んでもらい、お年寄りを集客することを目標に、地域活性を目指している地域もたくさんあります。

しかし、温泉事業にはデメリットや難点があります。
天然温泉の場合、掘り当てたとしても湯質、湯量が事前調査の結果を下回った為に事業展開することができず、掘削費用が無駄になってしまったという事例があります。
また、最近では掘削自体が地球環境に悪影響を及ぼすという問題も指摘されています。

温泉事業を行いたいが、上記のようなデメリットで頭を悩ましている事業主や関係者の方も多いと思います。
そこでおすすめなのが人工温泉の「トロン温泉」です。

トロン温泉が注目されているのは「限られた予算で確実に100%計算通りの温泉を造ることができるから」です。
これが全国に1,058件(2013年現在)の施設に設置導入されてきた所以です。

トロン温泉はホテル、旅館、ペンション、民宿に至るまで各種の入浴施設に導入されています。
特に厚生労働省の厚生年金センターなど各種の年金関連施設で導入され、地方自治体から問い合わせも多いです。

この背景にはトロン温泉が厚生労働省から正式に認可された製品を使用し、薬事法や保険衛生上も何の問題もないことがあります。
そして、湯質がまろやかで肌ざわりがツルンツルンする弱アルカリミネラル泉として、保温力、効能効果ともに天然温泉に決して劣らないことも利用者達に認められたこともあります。
そして湯沸し式の天然温泉などあらゆる方式の湯に比べて、ランニングコストが安いことを実証し、「究極の人工温泉」と評されています。

温泉事業を展開する場合、設置予算よりもその後のランニングコストを重視するオーナー様も当然多いです。
トロン温泉はランニングコストの面でも優れているので、オーナー様も納得していただけることがほとんどです。

トロン温泉の素となる医薬部外品の「トロン浴素」は10年経過した後でも布が破れて砂が漏れていなかったら交換は不要です。
※詳しくは「トロン温泉とは」をご覧ください。

また、ろ過循環システムの費用も通常システムと同額とお考えてください。
機材にステンレス100%の材料を使用している為、割安になっています。

トロン温泉の場合、浴槽のサイズや形状、施設の設置場所を選ばないのも天然温泉とは違う利点です。
例えば「建物の屋上にお風呂を造りたい」「空き地を利用して温泉を建てたい」などの要望にも応えられます。
また、浴槽の材質を選ばない万能型の温泉システムだとも言えます。

このような施設運営面のメリット以上にトロン温泉が注目される点は、効能効果に他なりません。
特にお年寄りや体調が悪い人には、驚くほどの効果を発揮します。
第一に体の痛みに効果があります。
特に腰や膝、肩といった内部の痛みに強いことが特徴で、疲労回復にもとても効果があります。

トロン温泉を利用した多くの方達が「じゃらん」や「楽天トラベル」などの大手旅行予約サイトの口コミで高評価の書き込みをしてくれています。

詳しくはトロン温泉の評判・口コミをご覧ください。

あらゆる予算の金額、そしてあらゆる施設状況にご対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

トロン温泉を導入した結果、大繁盛施設になった事例

温泉の物理作用についてお話ししましょう。

thorononsen4

温泉には温熱・静水圧・浮力・摩擦抵抗・浸透圧といった物理的作用があります。
温熱作用は発汗を促して皮膚機能を回復させ、鎮静、血行を良くし、血圧降下に役立ちます。
静水圧作用は呼吸運動や心臓肝臓といった内臓機能活発にします。
浮力作用は体力づくりに良く利用され、クアハウスなどではエアロビクス(有酸素運動)としても活用されます。
スポーツ選手や競走馬のトレーニングにも応用されています。

山口県美祢市美東町が経営する大好評の景清洞トロン温泉の利用状況から、トロン温泉の効能効果や紹介します。
美東町は山口県のほぼ中央にある人口約6000人の中山間地にあります。
秋吉台国定公園の東半分を抱く観光立町です。
1990年に町民の憩の場として親しまれる観光名所の鍾乳洞・景清洞の入り口近くに、トロン温泉の入浴施設がオープンしました。

当初は1日200人の利用者を想定していたところ、利用者が口コミでウナギのぼりで増え、オープンから半年後には平日で500人、日曜祝日には1000人を越し、大盛況の状態が今でも続いています。

美東町観光課は「入浴者数は年間70000人を上回っています。約6割が60歳以上の高齢者です。宇部、山口市などの近隣市町からも固定客も来て、心と体をリラックスしていただいております。」(1994年のコメント)
併設しているオートキャンプ場を利用する若いカップルにも人気を誇っています。

これはトロン温泉の効能効果は口コミで伝わり、町外の利用者も増えたという成功例です。
利用者の皆さんから体の悩みが改善されたという報告も上がってきているようです。

弊社が「トロン温泉が天然温泉に勝る効果がある」と自負しているのは、入浴を体験した方達の生の声に基づいています。

安全・安定・リスクなしのトロン温泉で集客・地域活性

「温泉」と聞いただけで日本人は不思議と心地良くなります。
日本は世界最大の温泉国と言っても過言ではありません。

安全・安定・リスクなしのトロン温泉で集客・地域活性

温泉は治療の手段として湯治といった形成で、古代から現代に受け継げられています。
温泉に入ってのんびり過ごすことは、日本人にとっては最も一般的なリラックス方法です。

含有成分によって身体細胞を活性し、血行を良くするといった効果があるので、日本各地で温泉が掘られています。

温泉を掘り当たるまでの資金がかかることは周知のとおりです。
かつての「ふるさと創生資金」で温泉を掘った自治体のうち、温泉掘削に成功したのは60%程度だったと言われています。
2013年の現代ともなれば、掘削技術の進歩により資金さえあれば泉源まで辿りつくことは可能でしょう。

しかし、温泉掘削の問題は温泉の湯質と湯の量、そして湯の温度です。
全て掘削して沸出してみない限りわかりません。
温泉は地域活性化の目玉になりますが、コスト面と掘ってみないとわからないというリスクがあります。
最悪の場合は掘っても思うような湯が出ない、あるいは全くお湯が出ないということも考えられます。

温泉は欲しいけれど、リスクと経費を考慮すると、温泉を掘る一歩手前で躊躇することがあります。
この悩みを解決するのが弊社日本トロン開発協会が提案する人工温泉システム「準天然トロン温泉」です。

【人工温泉システム「準天然トロン温泉」とは】
人工温泉なのに「天然温泉に勝る湯質と効果」をキャッチフレーズに日本全国1,058件(2013年現在)の厚生年金、国民年金、かんぽセンターといった国の保養施設、自治体の福祉施設から民間ホテル、旅館・ペンション、民宿に導入されてきました。

トロン温泉の効能・効果が天然温泉に負けない要因は、厚生労働省が認可した天然鉱石100%が原料の医薬部外品「トロン浴素」の利用に起因します。
トロン浴素は天然鉱石の「トロン浴素」を厚生労働省の指定工場で精製され、粒状に商品化されたものです。
このトロン浴素によって湯質が弱アルカリ泉となります。
軟水化した湯は素晴らしく肌触りが良いことでも有名です。

「温泉療養の指針」の著者で知られている埼玉大学医学部の大島良雄名誉教授は弱アルカリ泉の効能について次のように説明しています。
「酸性体質が体の老化を早めてしまうが、弱アルカリは体全体の細胞を活性化する。」

トロン温泉は神経痛、腰痛、肩こり、打ちみ、くじき、痔、水虫、冷え症、しもやけ、疲労回復に効くことが厚生労働省から認定されています。

環境省が温泉掘削を許認可制にしているように、泉源は無尽蔵ではありません。
リスクがなく効能効果がある安全なお湯を安定して供給できる人工温泉の「トロン温泉システム」は、これからの時代を担う次世代型の人工温泉システムだと言えます。

詳細に関してお気軽にこちらからお問い合わせください。

日本トロン開発協会ホームーページ