遠赤外線とトロン温泉の関係

【 トロンサウナ】

トロン温泉10種の効能効果

遠赤外線のメカニズムとトロン温泉がどのように効果を得られるかを説明します。

皮下2mmにある血液を直接温める
遠赤外線のエネルギーは、対象物の表面から
約200μm(2mm)の深さまで届きます。
この2mmがとても重要です。
通常の水道水のお風呂では、皮膚だけを温め血液を温めるのには
長い時間がかかります。
また、安定して血液を温めることができないため、
すぐに湯冷めしてしまうのです。

それに比べ、トロン浴素から放出されている遠赤外線は、皮膚から2mmの深さまで安定してエネルギーを届けることができる為、常に血液を温めることができます。
温められた血液は、まだ温まっていない血液との対流伝熱※により温められた血液が血流にのり体中を温めることができます。血液を直接温める為、体の芯まで効率よく素早く温めることができます。
ensekigaisen

 

遠赤外線による血流改善
遠赤外線は前後左右縦横に影響を与える為、浴槽のどこにいてもトロン浴素の効果を得ることができます。
その為、伝熱の効率が良く短時間で体を温めることができます。
これにより、血流・血行が良くなり血流量が増加し新たな毛細血管が生まれ、使われていなかった毛細血管が再生されます。血流が改善されることにより体に対して多くの良い効果が見られます。

ketsueki_atatame
 

グラフの見方
2本の曲線のうち、「黒体」と表示している上部緑色の曲線は、黒体(入射する光を100%吸収し、エネルギー放射能力が最大の物体)の放射エネルギーを示すもので、これよりも大きい放射能力を示すものはありません。赤色の曲線はトロン浴素の放射エネルギーを示し、この赤色の曲線と緑色の曲線が近ければ近いほど遠赤外線の放射能力が高いことを示しています。
グラフによりわかることは、トロン浴素は遠赤外線をただ放射しているだけではなく、黒体に近い数値で放射していることがわかります。
この結果、トロン温泉は皮膚表面を温めているのではなく、血液を直接温め、体内を芯から温めることができるということが証明されています。

enseki_graph

対流伝熱とは
液体や気体は、下から加熱されると温まった部分が膨張して
密度が低くなり上昇し、冷たい上の部分が下降します。
この作用が繰り返し行われ、全体が温度上昇します。
このように、液体や気体が移動することで熱を伝える方法を対流伝熱といいます。

スポルティック2016に出展いたします

スポルティック2016の展示会では弊社スタッフがトロン温泉について詳しくご説明いたしますので是非ともお越しくださいませ。

8月2日~4日に東京ビックサイトで行われる展示会 スポルティックに参加します。
SPORTEC2016
【会 期】2016年8月2日(火)・3日(水)・4日(木)
【会 場】東京ビッグサイト
【場 所】5H-1541

皆様のお越しをお待ちいたしております。

トロン温泉ホームページ
http://thoron.jp/